合わせガラスは中間層を挟んで割れた時の安全性と防犯性を確保しています。

MENU

合わせガラスとは

合わせガラスは複数枚(主に2~3枚)のガラスを貼り合わせて1枚のガラスにしたものです。
ガラスの間に樹脂やフィルムなどの中間層を挟んで接着していて、中間層によって性能を高める効果があります。

 

合わせガラスを利用した車のフロントガラス

代表的な活用事例は車のフロントガラスです。
車で合わせガラスを使っているのはフロントガラスのみで、高速走行をしていて飛び石など飛来物の衝撃を受けても強度が高められるほか、割れてしまっても中間層の恩恵でヒビが入るだけで貫通しにくいメリットがあります。

 

窓枠が歪むほどの衝撃にも耐えられて、1枚の強化ガラスとは違い湾曲したデザインも可能です。
あくまでも、貫通させにくくするもので、とんがっている物に正面から突っ込むと中間層も突き破って貫通してしまうこともあります。

 

車のほかに、電車や重機など乗り物のフロントガラスには高い確率で合わせガラスが使われています。

 

貫通しにくいため、住宅の防犯用ガラスとして使われることもあります。

 

合わせガラスの歴史

1903年にフランスの化学者エドワール・ベネディクトゥス氏が実験室の事故を事例に飛び散らなくて強いガラスを作ろうとして開発しました。
実験室で使われるガラスフラスコはコロジオン(ニトロセルロース)で膜が出来ていて、落として破損したときにバラバラに破片が飛び散らなかったことからアイデアを得ました
当初から車のフロントガラスでの需要を見込んで開発されていましたが、すぐには自動車で採用はされませんでした。
第一次世界大戦では、ガスマスクのアイピースに広く採用されたことで広がっていて、第一次世界大戦が終了してから車で幅広く使われるようになりました

 

合わせガラスの様々なメリットと効果

合わせガラスは複数枚のガラスを1枚にすることで強度を高めて、割れたときの安全性と防犯性を確保しています。
住宅用の防犯ガラスで使った場合も、台風・強風の飛来物で窓ガラスを割れにくくする効果を期待でき、ヒビが入っても中間層が生きていれば雨風を室内に入れない効果を期待できます。

 

中間層の材質次第では、UVカット、遮熱性、遮音性を向上させる効果もあり、防犯ガラスの多くは多彩な機能を持った中間層を使っています。

 

ガラスそのものに機能をプラスするよりも中間層によって機能をプラスさせる方が製造コストを安くできるメリットがあります。

 

車のフロントガラスのように湾曲したデザインにすれば、雨でガラスについた水滴を風圧で吹き飛びやすくする効果もあります。

 

合わせガラスの種類にもよりますが、薄いガラスを組み合わせて作るのも可能で、合わせガラスの総厚みを抑えて幅広い機能をプラスしたガラスが多数あります。
通常の単板ガラスとの互換性を持っている商品もあり、窓枠を変えなくても合わせガラスにアップデートさせることができます。
ただし薄い合わせガラスは製造コストが高く3mmほどの通常の板ガラスを2枚合わせたタイプの方が安いです。

 

防犯ガラスの定義

防犯ガラスは合わせガラスの1種ですが中間層の厚みによって、通常の合わせガラスと差別化をしています。

  • 通常の合わせガラスの中間層は15ミル(0.38mm)
  • 防犯ガラスは30ミル(0.76mm)以上

です。
欧州では防犯ガラスの規格があり、一定以上の中間層を確保しないと防犯ガラスとは認めていません。