窓ガラスには防音ガラスや飛散防止のワイヤーガラス、お風呂場にはモザイクガラスが使われます。

MENU

ガラスの様々な用途

 

ガラスは建物などの定番の使い方から、ちょっと変わった物など様々な用途があります。
生活や様々な産業に必要不可欠なガラスの用途を紹介します。

 

 

窓ガラス

ガラスの用途の一つ窓ガラス

ガラスの大半は建物の窓で使用されてます。
他にも車の窓など外の景色を見たい場面に必要不可欠です。

 

窓ガラスにも色々種類があり、防音ガラスや飛散防止のワイヤーガラス、お風呂場などのモザイクガラスなどがあります。

 

 

インテリアとしてのガラス

額縁やショーケースなど、中に保管したい物の保護と閲覧を目的にしたものから、大きな商業施設では床をガラスにして、高層階から地上を見下ろしたり、下の川や海、プールを映す使い方があります。

 

ガラスは素材によって光の反射率が変わるので、綺麗に見せたい物は光が反射しない低反射ガラスなどが使用されます

 

 

耐熱ガラス

オーブンや釜など、炎や高熱で熱する物は、中の景色を見る事で燃え方や熱の入り方のチェックや安全確認ができます。

 

こうした火や高温を扱う場面では、熱や炎に強い耐熱ガラスを使用して窓や扉を作ります。

 

 

食器としてのガラス

ガラスがよく利用させるワイングラス

食器の中でも定番はグラスです。

 

グラスはプラスチック製のものよりもガラス製の方が高級感があり、美味しく見せる効果があります。

 

ワイングラスやシャンパングラス、タンブラーなど洋食用のグラスは特にガラス製が多いです。

 

 

ガラス製家具

ガラスは割れやすい素材ですが、厚みを持たせ強化ガラスを使用すれば重たい物を置いても割れなくなります。

 

ガラス製家具の定番はテーブルで、天板がガラスだとモダンな感じになります。
他にも食器棚など、木製家具と組み合わせてガラスが使用される場合も多いです。

 

 

液晶画面

テレビやスマートフォンなどの液晶画面無アルカリガラスなどの薄板ガラスが使用されています。

 

ガラス産業の中でも大きなマーケットで、タッチパネルに最適化した素材や、本来は高級腕時計に使用されている強度が高いサファイアガラスなどを液晶に採用を検討するなど、幅広い業種が今一番しのぎを削って開発している分野です。

 

 

太陽光発電

主にガラスは太陽電池のカバーの役割を担っています。
現在は透明なガラスで発電効果がある製品などの開発も行われています。