ガラスフィルムは複数枚を重ねて作られているので強度が上がり、ガラスに追加効果をもたらします。

MENU

ガラスフィルムとは?

 

ガラスはフィルムを貼る事で、様々な意味でパワーアップさせる事ができます。
ガラスフィルムの代表事例は以下のものがあります。

 

  • 車のスモークフィルム
  • ガラスの飛散防止フィルム
  • スマートフォンなど液晶の保護フィルム

 

それぞれガラスにフィルムを貼り付ける事でガラスに追加効果をもたらします。

 

 

スモークフィルムとは

スモークフィルムは主に車のリアガラスに使用されています。

 

紫外線や太陽光が車内に入ってくるのを防止する他、車内を外から見えなくするプライバシー効果があります。

 

最近では純正で黒みがかったプライバシーガラスが標準化されていますが、さらにスモークフィルムを合わせる方も多いです。

 

車のガラス以外にも窓ガラス系であれば何でも使用可能で、ミラーフィルムを貼ればマジックミラーを作る事もできます。

 

貼り付けには技術力が必要素人が雑な作業をするとフィルムの中に空気が入ったり、破けたりしてしまいます

 

 

ガラスの飛散防止フィルム

主に家の窓ガラスの飛散防止のために貼り付けます。

 

平凡なガラスを強化ガラスやワイヤーガラスにするよりも安価に取り付けできるメリットがあります。

 

台風などの災害や、子供のボール遊び対策などプチリフォームで利用される方が多いです。

 

 

液晶保護フィルム

液晶保護フィルムを貼ったスマートフォンを持つ女性

現在最も需要が高いガラスフィルムです。

 

実際に使用した事がある方をはじめ、ほとんどの方が液晶が割れたスマートフォンを見た事があると思います。

 

保護フィルムを貼るとガラスが割れにくくなり、指紋の付着防止やのぞき見防止など、様々な付加価値が付いた商品が出ています

 

 

 

ガラスフィルムの仕組み

ガラスフィルムは種類にもよりますが、基本的に静電気を利用してガラスに貼り付けます

 

車のスモークフィルムは、サランラップのようなプラスチック素材を使用していて、スマートフォンの保護フィルムは、高級品はガラス製のフィルムを採用している物が多いです。

 

一見1枚のフィルムに見えても、商品になっている状態ですでに複数枚のフィルムが重なって作られています。

 

複数枚が重なっている事で強度が上がり、様々な効果が生まれます。

 

粘着剤を使っていない事と、紫外線に強い素材を使用しているので、使わなくなったら簡単に綺麗に剥がす事ができます